不流斎の日記

不易流行 不易を知らざれば基立ちがたく 流行をわきまえざれば風新たならず

「危なすぎる制度」外国人技能実習制度で露呈した日本の人権意識の低さ

国、都道府県、事業者を含め杜撰で「危険すぎる制度」外国人実習生制度の真の悪さが露呈しました。しかも、国から優良団体と認定された事業です。如何に国等の許可後のフォローアップや厳しい監査をせず、業者任せの悪さが露呈しました。

「読売新聞オンライン」記事を引用して、このブログ記事に以下を引用して、記事として更新・公開します。

外国人技能実習生を企業などへあっせんする監理団体で、法令違反によって許可が取り消された30団体のうち、半数以上にあたる18団体は国から「優良団体」との認定を受けていたことが分かった。虚偽の監査報告書の提出や名義貸しなどの不正行為をしていた。国の審査は団体側の自己申告に基づくため、基準があいまいで形骸化しているとして、識者は「実習生を守るためにも審査の厳格化が必要だ」と指摘する。

 監理団体は2017年から許可制となり、全国に約3500団体ある。実習状況を監査し、実習生を保護する役割を担う。一定の要件を満たせば優良団体として、実習生の在留期間の延長や人数枠拡大といった優遇を得られる。厚生労働省などによると、1755団体が認定されている。

愛知県一宮市の「アジア共栄事業協同組合」では所得隠しが判明し、実習先に対する不適切監査などで21年11月に許可を取り消された。塗装技術を学ぶはずだったベトナム人男性(32)が実際にあっせんされた実習先では、アスベスト石綿)の除去作業を指示され、体調を崩して退職した。男性には渡航費用の借金50万円だけが残り、「日本に来なければよかった。実習生を大事にしてほしい」と嘆く。同組合は優良団体であることをホームページなどで宣伝していた。

優良団体と認定されるため、監理団体は申告書や事業計画書を作成し、「外国人技能実習機構」(東京都)と厚労省法務省の審査を受ける。3か月程度で承認されるが、不正行為が相次ぐ背景に、審査の甘さも指摘される。

申告書では、実習生の支援体制など5分野21項目について監理団体が自己採点し、150点満点のうち90点以上あると示す必要がある。一部は資料を求められるが、監査マニュアルの作成や失踪した実習生の有無などに関しては、自己申告で厳格な基準がない。同機構の担当者は「実地調査で内容を確認することはない」としている。

こうした状況に、技能実習制度に詳しい神戸大の斉藤善久准教授(労働法)は「審査方法がずさんで、監理団体が法令違反を隠蔽(いんぺい)する要因となっている。国の調査体制の強化や通報窓口の整備など、実習生が安心できる環境作りが急務だ」と語る。

 

news.yahoo.co.jp

 

 今回の危険すぎる制度とは外国人技能実習生制度です。外国人技能実習22歳の女性の裁判で明るみに出たのは、日本企業の人権の低さと日本人の人権意識は最低です。特に日本経済団体連合会自民党が絡んだ最低の制度が「外国人技能実習制度」です。この制度は、言い方、見方を変えれば「外国人奴隷実習制度」です。

特に、企業に多発しています。現地法人に限らず日本国内で働く「外国人技能実習生」の人権侵害も多発しているのが実際です。日本経済団体連合会は黙認し、厚労省も黙認しています。しかも、時給は「最低賃金以下」働かせています。厚労省も黙認で合法化しています。

私たち日本人でも、国内で差別、人権侵害が平気で行われています。特に企業においては表にでないですが、女性蔑視、障害者への差別、パワハラ等日常茶飯事と言っても過言ではありません。そして、アジアの人に対する差別がひどいです。なんでお欧米人に対する差別は殆どないんですかね。まさに、不合理、不条理です。

私も企業法務を30年以上やり、その都度幹部に裁判になったら不利になると、再三提言しても聞く耳持たずでした。7

以下のヤフーニュースを読んでください。如何に日本人及び日本企業が外国人技能実習制度を利用して人権侵害をしているか驚きます。

しかも皆様がご存じの大手企業がCMでは、良いことを放送していますが、「危なすぎる制度」外国人技能実習制度を利用して人権侵害をしていることがわかります。そこには、ユニクロ、スタバ、ABCマートしまむら等が挙げられています。 

欧米では、日本流の「危なすぎる制度」外国人技能実習制度による人権侵害の見直しと法制度に動き出しています。日本とは全然違います。これが本当の民主主義国家なのでしょう。

それと、山本七平氏の著書「空気の研究」のなかで、日本人は太平洋戦争時から空気が支配しているとのことです。まさにそうです。連綿と現代まで空気の支配はつづいています。

それから、日本の学校教育や世論の教育では、道徳は皆平等を説いていますが、皆不平等の道徳です。山本七平氏の著書「空気の研究」の中で道徳の三菱重工業爆破事件を取り上げて、道徳の不平等を取り上げています。

如何に「危なすぎる制度」外国人技能実習制度だかわかりますので、どうあるべきか考えてみて、再度考え直す時期にきています。

本日はこれで筆を置きます。