不流斎の日記

不易流行 不易を知らざれば基立ちがたく 流行をわきまえざれば風新たならず

安部前総理の不起訴に思う

 

ifrmikio.hatenablog.com
ifrmikio.hatenablog.com

 

安部前総理が不起訴となりました。これについては、若狭勝弁護士が不起訴になると予想したとうりです。それに対して市民団体が検察審査会に安部前総理を起訴するのが相当であるとの申し立てをしました。検察審査会の賢明且つ妥当な判断を待ちましょう。

しかしこれには裏があります。それは、東京地検特捜部が桜を見る会の不正支出で名も知らない秘書を略式起訴しただけで、安部前総理の事務所等の家宅捜索はしていません。これは、東京地検特捜部が忖度と空気により意識的に家宅捜索をしないことで、検察審査会の「起訴相当」を回避する手段で、故意に家宅捜索をしなかったことが垣間見えます。

検察審査会で審査するに当たり、家宅捜索の証拠資料は重要です。この資料に基づいて「起訴相当」か「不起訴相当」かの判断が分かれます。それと、特捜部の検事は検察審査会の「強制起訴」を回避する狙いで、家宅捜索をしなかったことが伺えます。

つまり、検察審査会が今回の市民団体の申立書の内容を認めて「起訴相当」とし、特捜部が再捜査し「不起訴」にした場合、また市民団体から検察審査会に再調査を申し立てられ、検察審査会が「起訴相当」とした場合、安部前総理は強制的に起訴されることになるからです。すなわち検察審査会が二度「起訴相当」とした場合は、強制起訴されることになるのです。

東京地検特捜部と東京高検が調整の上、家宅捜索をスルーして名も知らない秘書のみ略式起訴として取り繕ったことが伺えます。やはり、司法まで食い物にされ忖度と空気に支配されています。

私がこのブログで度々「特権階級」と「一部の資本家」が司法の恩恵を受けているといっていますが、それでも自民党を支持しています。選挙権のある老若男女は政府や社会、企業の不合理・不条理を受け止めて自民党を支持しています。このツケは必ず我々国民や世論に帰って来ます。

私は、保守主義者で民主主義と三権分立を遵守し、立憲に従い真っ当な政治をするのが自民党だと信じていましたが、安部前内閣と現菅政権には、猛省させる必要があると痛切に感じます。

今年こそ、選挙による権利のための闘争で自民党の政権を交代させ、自民党に猛省させる必要があります。

これで筆を置きます。