不流斎の日記

不易流行 不易を知らざれば基立ちがたく 流行をわきまえざれば風新たならず

またやらかしたワタミ労基法違反

 

ifrmikio.hatenablog.com

 

本日はワタミの残業代未払いについて日記に纏めます。

ヤフーニュースで、今野晴貴氏によるワタミの残業代未払いにより監督署から労働基準法37条違反の是正勧告が出されたとの報道がありました。

ワタミホワイト企業大賞を受賞してホワイト企業であると銘打っていますが、この賞はめちゃめちゃ難易度が低いそうです。今回の監督署の是正勧告からもわかるように、ワタミの体質はホワイト企業大賞を受賞してもブラック企業です。ワタミの企業体質はそう簡単にはホワイト企業にはなりません。

今回は、高崎労働基準監督署からの労働基準法37条違反の是正勧告ですが、おそらく、ワタミの他の事業所でも月175時間以上の長時間労働は日常茶飯事だと思います。監督署等に通報等してないだけです。

特に、ワタミのような創業者の大企業の他に、創業者の中堅・中小企業でも同じようなことは日常茶飯事と考えられます。やはり、経営者が変わっても同様の事が起こるのは、目に見えています。

本来なら、労働基準監督署が取り締まりを強化すべきところですが、人員不足により手が回らないこともあるらしいです。また、企業ぐるみで、証拠隠滅等が行われているためもあります。酷いところでは、残業代未払いの他にパワハラ等も日常茶飯事的におこなわれていると見て、間違いなさそうです。

やはり、社員一人ひとりの意識の改革が必要になります。洗脳されないようにすることです。そして、おかしいと感じたら、労働組合に加入したり、日本労働弁護団に相談したりして行動を起こしていくことが必要です。

最終的には、労働審判や労働裁判で戦うのが良いと考えます。その際には、少しでも自分に有利な証拠を残すことをお勧めします。無断録音でも、コピーでも、スマホでの撮影でもなんでも良いです。とにかく、有利な証拠を残す。

ブラック企業に勝つためには手段を選ばないと、腹をくくることです。つまり、権利のための闘争です。

政府や役人が企業よりで変わらなければ、我々一人ひとりが意識を変えて行き、不条理なことをなくしていくしかないです。例えば、10月13日以降に出る最高裁の判決も注目すべきです。残業未払いだけでなく、社員と非正規社員の不条理は非常に多くあります。

とにかく、権利のためには闘争による勝ち取りしかありません。こんなことを書くと、お前は左だと、言われそうですが、私は左でも右でもありません。保守主義者ですが、世の中の不条理を何とかしないと、生産性を含め日本は駄目になるし、世界に通用しなくなると、危惧しているからです。

それと、不条理を是正していくには、老若男女を問わず行動を起こすことが必要です。

本日は、これで筆を置きます。