不流斎の日記

不易流行 不易を知らざれば基立ちがたく 流行をわきまえざれば風新たならず

ダイエットに効果あり!! 料理は一汁一菜に始まり一汁一菜に帰る最強の家庭料理

ifrmikio.hatenablog.com

  一汁一菜は日本の和食を含む料理の基本であり最高の合理的な家庭料理です。作って食べることをおすすめします。最近の家庭料理は時短料理や低単価で作る料理が流行っており、しかも相当手の込んだ料理です。1日3食作るのは共働きや専業主婦でも大変です。 その点一汁一菜は合理的で理にかなった料理です。

ロナ禍の中、海外の経済が回復し始めて食料品の原材料輸入品の値上がりラッシュです。食料品の原材料値上げで悩むことはありません。一汁一菜を実践すれば食費を節約し、栄養バランスの取れた食事が3食まかなえます。

そして白米は冷まして食べると良い食物繊維が取れてよいです。冷ましたパスタやジャガイモ等も一汁一菜、一汁二菜、一汁三菜に応用できます。業務スーパーやディスカウントをうまく利用すれば食費節約と栄養バランスがとれ、ダイエットや肥満予防にもなります。

愛情がこもった料理作りは大変な時間と労力と費用がかかります。家庭料理も時代ともに変化していきます。料理は不易流行がピッタリあてはまります。                           

米・味噌・醤油・等の消費が年々減少していることが残念です。米・味噌・醤油・酢・塩は日本のスーパー食材です。

土井善晴氏の本で「一汁一菜でよいという提案」を読んで賛同しました。土井善晴氏は日本料理の他フランスやスイスで研鑽を積んだエキスパートである。この本のおかげで家庭料理のあるべき姿(料理は愛情で時間と手間をかけてつくるものという)の固定観念が吹っ飛んで、ある意味で主婦層やシングル家庭には朗報になりました。     

一汁一菜は不易流行である。特に昨今の料理は手が込んだ料理が家庭料理に浸透して、これが家庭料理の愛情みたいな風潮を感じるのは私だけでしょうか。 一汁一菜は多くの主婦層やシングル家庭にとって時間と労力と費用の節約になります。        

栄養面でも低コストで工夫しだいでできる究極の家庭料理です。一汁一菜というと清貧ととらえられがちですがどっこい最高に贅沢な家庭料理です。

一汁一菜は鍋・味噌・煮干し・梅干しがあれば簡単にできます。具材は冷蔵庫にある残り物(野菜、肉、魚、ソーセージなどなど)で簡単に早くできて、1日3食まかなうこともできます。ご飯の他に、卵かけご飯、納豆ご飯、シリアル、大麦グラノラ、パン、等なんでも良いです。一汁一菜は良い意味での「手抜き」と「力をぬく」ことができて、安価な費用で3食まかなえます。このコロナ禍の自粛生活には最高の家庭料理です。健康を考えている方は、ご飯類の他に純国産で産地限定大麦100パーセントのグラノラとも相性が良いです。

ダイエットにも効果があります。アンチエイジングにもなります。それは味噌が大きく影響しています。発酵学の権威である小泉武夫先生によると「味噌」「醤油」「酢」は体に大変有益な食材であるとのことです。特に「味噌」については科学的に体に有益な作用があることが分かっています。                      

昔から味噌、醤油、酢、ぬか漬けは昔の人の経験で体に有益であることを発見し、現代まで連綿と受け継がれてきていることでも証明できます。このことから一汁一菜は味噌をメインに組み立てた合理的で時短で栄養のある家庭料理です。          

一汁一菜が基本になって懐石料理の基本である一汁三菜ができました。このようにみていくと一汁一菜を基本に「一汁二菜」「一汁三菜」「一汁四菜」と家庭料理のレパートリーを広げていくことができます。                        

一汁一菜を基におかずや菜ものを増やしていくことができます。一汁一菜でも多くのレパートリーを広げることができます。 例えば、業務スーパーやコストコなどのディスカウントで味噌・煮干し・酢・冷凍根菜葉野菜・ブロッコリー・キノコ・鶏肉・豚肉・牛肉・魚介類を一週間分買い込んで冷凍保存します。                 

1日分を家族数に応じてそのまま必要な量だけ鍋に入れて煮立てて、味噌をいれて出来上がりです。昼と夜に同じものを食べると野菜、茸類、肉類、魚貝類の栄養素エキスが味噌汁の中に浸透し、最適な栄養を家庭料理でとることができます。根菜等で食物繊維も摂取できてダイエットに効果的です。その生きた証拠として昔の人は肥満が非常に少なかったです。

 現代においては社会情勢の変化も考え良い意味での手抜き、力抜きで合理的な家庭料理は一汁一菜です。一汁一菜の料理には愛情がこもってないと言われそうですがちがいます。肥満防止やアンチエイジング、必須栄養素が工夫しだいで一汁一菜で摂取できます。これこそ最高の愛情のこもった家庭料理です。                

一汁一菜は工夫、応用しだいで時間、労力、費用、手抜き、力抜きで「一汁二菜」「一汁三菜」「一汁四菜」と愛情のこもった最高の家庭料理になるのです。食料品の原材料値上げによる食費代の節約にも貢献します。

 本日はこれで筆を置きます。