不流斎の日記

不易流行 不易を知らざれば基立ちがたく 流行をわきまえざれば風新たならず

ナウシカを声優として演じた島本須美氏は語る。コロナ禍で観るアニメは「風の谷のナウシカ」コロナ禍にどう対応すべきか役立つジブリアニメである。

はじめに

風の谷のナウシカをコロナ禍に置き換えてこのアニメを観てほしい。

風の谷のナウシカ」のナウシカを声優として演じた島本須美氏のコメント等を引用します。

島本須美ナウシカとコロナの類似点に思い マスクがとれる時代を「本気で望んでいます」声優・島本須美(67)が9日、大阪市北区の「阪急うめだ本館」でこの日開幕した『「アニメージュジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』に登場。コロナ禍を予言したかのような主演作『風の谷のナウシカ』にふれ、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と語った。

アニメージュジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の貴重な資料が楽しめ、島本が演じた『風の谷のナウシカ』の原画やジオラマ、『ルパン三世 カリオストロの城』当時の熱気を伝える展示もある。

宮崎駿監督による風の谷のナウシカ』は、細菌の森“腐海”など荒廃した自然と生態系が描かれ、劇中のヒロイン・ナウシカ(島本)もマスク姿だった。

この日、思いを聞かれた島本は「世界中の人がマスクなしでは生きられない時代」と作品と現在との類似点を語り、「宮崎監督はこのことをわかってらしたのかしら、と思う」としみじみ。その上で、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と切望した。

展示については「腐海装束のナウシカダンボールでできた王蟲 (オーム)が大好き」とにっこり。ナウシカのペットであるキツネリス・テトのぬいぐるみを受けとると、「怖くない、怖くない。おびえているだけなのよ…」と名セリフを再現してみせた。

特にこのアニメの始まりに出てくる「また村が一つ死んだ‥‥‥」で幕が開きます。

この腐海の毒から出る猛毒は5分で人間の肺を腐敗させてしまうのでマスクをしなければ生きていけない。これを「瘴気(しょうき)」と表現している。

簡単に言うと「空気による感染症」である。見方や対象を変えればまさに世界中のパンデミックである「コロナ」と同じである。

また、現在のコロナ禍に当てはめると「ナウシカ達が住む風の谷は海から吹く風のおかげで腐海の毒から守られている。

しかし、腐海の毒から完全に守られているわけでなく、じわじわと確実に風の谷に住む人々の肉体を蝕んでいる。」これを「瘴気(しょうき)」と表現している。

簡単に言うと「空気による感染症」である。コロナと同じである。

かの名著、カミユの小説「ペスト」でも場面は違いますが、「風の谷のナウシカ」と類似のことを言っています。

「世の中には戦争と同じくらいの数のペストがあった。だが、戦争やペストが到来するとき、人間はいつも同じように無防備だった。」

その通りですね。今度はオミクロン株の変異種が増加しています。日本も時間の問題です。第6波の足音が聞こえている気がします。

風の谷のナウシカのストーリー全体を国民一人ひとりが現在のコロナ禍に置き換え当てはめて思考して行動することでコロナ禍にどう対応するかのヒントと答えがあります。

風の谷のナウシカでは本編終了後に、「風の谷」が再建される様が放映されています。

日本も「風の谷」が再建される様が放映されたように、コロナ禍が収束し、生活と経済活動が両立することを期待したいですね。

第1章 パンデミック対応を示唆

現在、コロナの感染状況は減少し、落ち着いているが飲食店や大規模集会等の規制が解かれ始めている。怖いのは第6波である。

更にはインフルエンザとコロナの同時流行も視野に入れる必要がある。

置き換えて観てほしいのがジブリアニメの「風の谷のナウシカ」である。

ストーリーを現代のコロナ禍に置き換えてコロナ禍で色んな対策や対応をしている国や地域と日本を比較しながら観るとジブリアニメの「風の谷のナウシカ」が現代の世界パンデミックであるコロナ禍に通じるものがあることがわかります。

特に、ナウシカが村の人々や老人を敬い尊敬するストーリーは、政府自民党のリーダーのみならず、与野党のリーダーが見習うべきである。

そして、ナウシカがリーダーとして瘴気に立ち向かうストーリーもあり、真のリーダーとしての率先垂範を示している。

かの名著、カミユの小説「ペスト」でも場面は違いますが、「風の谷のナウシカ」と類似のことを言っています。

「世の中には戦争と同じくらいの数のペストがあった。だが、戦争やペストが到来するとき、人間はいつも同じように無防備だった。」

その通りですね。今度はオミクロン株の変異種が増加しています。日本も時間の問題です。第6波の足音が聞こえている気がします。

第1節 コロナ対応行動に役立つ

風の谷のナウシカはコロナ禍における対策の考え方の他にも「心理学」的にも非常に参考なる。

特に、ナウシカのリーダーシップです。特に「腐海の毒」をコロナに置き換えてみると、現在のコロナ禍と同様である。

日本を含め、各国と地域でも「マスク」着用が必須です。ワクチン接種で感染しないと思い込むのは駄目です。

第2節 腐海の毒はコロナと同じ

腐海の毒の謎を解くためにユパが二匹の怪獣を連れて旅に出ていくことも、コロナに当てはめると、感染症の専門家がコロナにどのように対応すべきかを発表したことに類似する。

そして我々はどんな行動をとったら感染を予防できるかを考え行動することです。

かの名著、カミユの小説「ペスト」でも場面は違いますが、「風の谷のナウシカ」と類似のことを言っています。

「世の中には戦争と同じくらいの数のペストがあった。だが、戦争やペストが到来するとき、人間はいつも同じように無防備だった。」

その通りですね。今度はオミクロン株の変異種が増加しています。日本も時間の問題です。第6波の足音が聞こえている気がします。

第2章 マスクをしないと感染

風の谷のナウシカでは腐海の毒を吸わないようにマスクする。マスクをしないで腐海の毒を吸うと5分で肺をやられて死んでしまう。

これもコロナと似ています。感染すると肺炎を起こし、重症化し人口呼吸器がないと死亡することも、良くにています。

風の谷のナウシカ」のナウシカを声優として演じた島本須美氏のコメント等を引用します。

島本須美ナウシカとコロナの類似点に思い マスクがとれる時代を「本気で望んでいます」声優・島本須美(67)が9日、大阪市北区の「阪急うめだ本館」でこの日開幕した『「アニメージュジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』に登場。コロナ禍を予言したかのような主演作『風の谷のナウシカ』にふれ、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と語った。

アニメージュジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の貴重な資料が楽しめ、島本が演じた『風の谷のナウシカ』の原画やジオラマ、『ルパン三世 カリオストロの城』当時の熱気を伝える展示もある。

宮崎駿監督による風の谷のナウシカ』は、細菌の森“腐海”など荒廃した自然と生態系が描かれ、劇中のヒロイン・ナウシカ(島本)もマスク姿だった。

この日、思いを聞かれた島本は「世界中の人がマスクなしでは生きられない時代」と作品と現在との類似点を語り、「宮崎監督はこのことをわかってらしたのかしら、と思う」としみじみ。その上で、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と切望した。

展示については「腐海装束のナウシカダンボールでできた王蟲 (オーム)が大好き」とにっこり。ナウシカのペットであるキツネリス・テトのぬいぐるみを受けとると、「怖くない、怖くない。おびえているだけなのよ…」と名セリフを再現してみせた。

第1節 リーダーシップ

風の谷の村や村人を守るためにナウシカのリーダーシップが家族、学校、会社、社会生活で参考になる。

如何に感染を減らしたり、医療のひっ迫を軽減させるか、経済との両立や社会生活を再開させるためのリーダーが不足している。

第2節 リーダーにはEQが必須

コロナ禍ではEQが重要になるが、EQが高くリーダーシップがある人材がいない。

国民に分かりやすく話し且つ国民が適切に行動するように話すことができなかったので、コロナを早期に収束させることができなかった。

第3章 コロナ収束の羅針盤

風の谷のナウシカは家族で観るだけでなく、政治家も観てほしいアニメです。IQだけでは人は動かない。

人を動かすのはEQある。

ナウシカのようなリーダーには有能な人材が集まるのは、風の谷のナウシカを観てわかります。

やはり、今の日本のコロナ禍でコロナ収束と経済活動の両立を可能にするのはナウシカのような人材がいないのが最大の弱点である。

風の谷のナウシカ」のナウシカを声優として演じた島本須美氏のコメント等を引用します。

島本須美ナウシカとコロナの類似点に思い マスクがとれる時代を「本気で望んでいます」声優・島本須美(67)が9日、大阪市北区の「阪急うめだ本館」でこの日開幕した『「アニメージュジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』に登場。コロナ禍を予言したかのような主演作『風の谷のナウシカ』にふれ、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と語った。

アニメージュジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の貴重な資料が楽しめ、島本が演じた『風の谷のナウシカ』の原画やジオラマ、『ルパン三世 カリオストロの城』当時の熱気を伝える展示もある。

宮崎駿監督による風の谷のナウシカ』は、細菌の森“腐海”など荒廃した自然と生態系が描かれ、劇中のヒロイン・ナウシカ(島本)もマスク姿だった。

この日、思いを聞かれた島本は「世界中の人がマスクなしでは生きられない時代」と作品と現在との類似点を語り、「宮崎監督はこのことをわかってらしたのかしら、と思う」としみじみ。その上で、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と切望した。

展示については「腐海装束のナウシカダンボールでできた王蟲 (オーム)が大好き」とにっこり。ナウシカのペットであるキツネリス・テトのぬいぐるみを受けとると、「怖くない、怖くない。おびえているだけなのよ…」と名セリフを再現してみせた。

まとめ

是非、風の谷のナウシカを再度観て、このコロナ禍でコロナ感染者が激減しているが、第6波とインフルエンザの同時流行も視野に入れた対応と行動が必要です。

かの名著、カミユの小説「ペスト」でも場面は違いますが、「風の谷のナウシカ」と類似のことを言っています。

「世の中には戦争と同じくらいの数のペストがあった。だが、戦争やペストが到来するとき、人間はいつも同じように無防備だった。」

その通りですね。今度はオミクロン株の変異種が増加しています。日本も時間の問題です。第6波の足音が聞こえている気がします。

 

風の谷のナウシカ」のナウシカを声優として演じた島本須美氏のコメント等を引用します。

島本須美ナウシカとコロナの類似点に思い マスクがとれる時代を「本気で望んでいます」声優・島本須美(67)が9日、大阪市北区の「阪急うめだ本館」でこの日開幕した『「アニメージュジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』に登場。コロナ禍を予言したかのような主演作『風の谷のナウシカ』にふれ、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と語った。

アニメージュジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の貴重な資料が楽しめ、島本が演じた『風の谷のナウシカ』の原画やジオラマ、『ルパン三世 カリオストロの城』当時の熱気を伝える展示もある。

宮崎駿監督による風の谷のナウシカ』は、細菌の森“腐海”など荒廃した自然と生態系が描かれ、劇中のヒロイン・ナウシカ(島本)もマスク姿だった。

この日、思いを聞かれた島本は「世界中の人がマスクなしでは生きられない時代」と作品と現在との類似点を語り、「宮崎監督はこのことをわかってらしたのかしら、と思う」としみじみ。その上で、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と切望した。

展示については「腐海装束のナウシカダンボールでできた王蟲 (オーム)が大好き」とにっこり。ナウシカのペットであるキツネリス・テトのぬいぐるみを受けとると、「怖くない、怖くない。おびえているだけなのよ…」と名セリフを再現してみせた。

それには、ロックダウンも必要だし、ワクチン接種済でノーマスク、感染防止を守らない人達には罰則や罰金が必要な状況である。

真のリーダーに必要な資質は「率先垂範」である。自らが進んで「模範」となることです。

やってみせ 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじこれは、連合艦隊司令長官を務めた山本五十六の言葉です。              

これこそがまさに「率先垂範」です。ナウシカはまさにこれを実践しました。

風の谷のナウシカのアニメは心理学的にも、このコロナ禍でも何を、どのように対応して、コロナと共存し、経済活動を両立させるかを考えて行動に移せるアニメです。

衆議院総選挙が今月31日投票日だが、果たしてEQが高く、コロナ禍収束と経済活動が両立のできるリーダーがでるか見守りしましょう。

コロナ禍の収束と経済活動の両立ができるリーダーを選挙権で行使しましょう。そのためには、選挙権という「権利のための闘争」政治経済を変えることも必要です。

風の谷のナウシカでは本編終了後に、「風の谷」が再建される様が放映されています。

風の谷のナウシカ」のナウシカを声優として演じた島本須美氏のコメント等を引用します。

島本須美ナウシカとコロナの類似点に思い マスクがとれる時代を「本気で望んでいます」声優・島本須美(67)が9日、大阪市北区の「阪急うめだ本館」でこの日開幕した『「アニメージュジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』に登場。コロナ禍を予言したかのような主演作『風の谷のナウシカ』にふれ、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と語った。

アニメージュジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の貴重な資料が楽しめ、島本が演じた『風の谷のナウシカ』の原画やジオラマ、『ルパン三世 カリオストロの城』当時の熱気を伝える展示もある。

宮崎駿監督による風の谷のナウシカ』は、細菌の森“腐海”など荒廃した自然と生態系が描かれ、劇中のヒロイン・ナウシカ(島本)もマスク姿だった。

この日、思いを聞かれた島本は「世界中の人がマスクなしでは生きられない時代」と作品と現在との類似点を語り、「宮崎監督はこのことをわかってらしたのかしら、と思う」としみじみ。その上で、「マスクがとれる時代が来ることを本気で望んでいます」と切望した。

展示については「腐海装束のナウシカダンボールでできた王蟲 (オーム)が大好き」とにっこり。ナウシカのペットであるキツネリス・テトのぬいぐるみを受けとると、「怖くない、怖くない。おびえているだけなのよ…」と名セリフを再現してみせた。

私の予想通りジブリアニメの「宮崎駿監督」は日本一のアニメ監督です。

日本も「風の谷」が再建される様が放映されたように、コロナ禍が収束し、生活と経済活動が両立することを期待したいですね。

本日はこれで筆を置きます。